このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。
  • エンポリオカフェのブログに登場してしまいました!

    このたび、EMPORIOカフェのブログに、秋のオムライス試食風景を掲載されちゃいました。

    EMPORIOカフェブログ

    Image5441.jpg

    こちら、秋のオムライス候補1番「仮)キノコのボロネーゼ・オム」でございます。いろいろ考えるなー。凄いなー。と、我が社の事ながら感心しながら、とても美味しく頂きました。(ごちそうさまでした。)

    で、このオムライスを食べている時に激写されてしまい、先ほど・EMPORIOカフェブログをチェックしたら、すでにブログにアップされておりました。。。私自身の写真が掲載されることはめったにないので、ちょっとテレますね、こりゃ。まっ、別にたいした事ではないんですけどもね。

    not for sales Inc.セミオフィシャル アメブロ
    EMPORIOカフェブログ
    ・スタジオCAKEのブログ

    ・学芸大学で働くOLのランチブログ

    このあたり、チェックはお済みですか?こちらのブログとアメブロは私が99%書いているのですが、他のブログは弊社の女子がほとんど書いておりますので、ぜひ、チェック&コメントを。

    話はかわりますが、世間様はお盆休みの所が多いですねー。高速道路も渋滞しているそうで・・・。そんな中、私は屋上で運動したり読書したりしつつ、日光浴しています。おかげさまで、クライアント様や取引先様と久しぶりに会うと、「焼けてますねー。」「どこか行かれたんですか?」と聞かれるのですが、そこは素直に「屋上です。」と答えております。

    手軽だし、そこそこ楽しいから、ぜんぜん良いんですけどねー!

    UPDATE:
  • アサイーボウルを東京のカフェでどうぞ。

    アサイーボウル(Acai Bowl)を東京のカフェEMPORIOで好評販売中!

    アサイーボウル(東京:学芸大学駅)
     
    フルーツは季節に合わせていろいろ変わります。(バナナは定番ですが、抜けない事もないかも)

    最近、エンポリオのWebが新しくなったのですが、もうすでにチェックしていただいていますか?not for sales Inc.としては、Webサイト(ホームページ)を、安く、早く制作するために、最近、いろいろなスキルやツールを手に入れております。

    SEO対策も、ビッグキーワードが絡むような場合は、専門業者さんと連携して進める事もありますが、基本的には自社で対応するようにしています。(なんせ、外部に頼むと高いので・・・。)まぁ、SEO対策も、いうなれば、グーグルさんのアルゴリズムをいかに解析するか?なので、人的なセンスが問われるとなれば、これはもう、我々の出番かな?と。

    と言う事で、今まで以上にWebに強い会社になるべく、以前よりも様々な面でパワーアップをはかっています。

    手始めに、いろいろやっているブログなどをご紹介。

    not for sales Inc.セミオフィシャル アメブロ
    EMPORIOカフェブログ
    ・スタジオCAKEのブログ

    ・学芸大学で働くOLのランチブログ

    まぁ、こんな感じでしょうか。ブログもなかなか侮れないですからねー。今のご時世。他にもいくつかあるようですが、今回はここまで!

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:
  • 巨人の肩の上に立つ。

    万有引力(りんご)でおなじみのアイザック ニュートンの言葉です。

    ニュートンは彼自身の偉業について意見を求められたときに、すぐさま心からの謙遜の意を込めてこう答えました。「もし私が他の人よりも遠くを見ているとしたら、それは巨人の肩の上に立っているからだ」

    まっ、先人達の知恵や努力の上に乗っかっているんですよ。って事でしょう。

    と、謙遜しまくりに思えるこの言葉とは対照的に、ニュートンの墓碑には、こう書かれているそうな。

    「人々よ、これほど偉大な人類の宝を得たことを喜べ!」

    おいっ!

    とまぁ、ニュートン物理学が全てを解明すると思われていた時代からは、結構な時が流れ、世の中、それだけで周ってる訳でもないんですよ。ってな感じで相対論があり、量子力学とかも登場している訳ですが、とは言うものの、プリンキピアの残した功績は、凄いものだと思われます。

    さて、
    やはり、何事にも段階というようなものがある訳で、現在、量子力学を研究している偉い先生方も、当然の事として、ニュートン物理学も、相対論も理解しているはずですよね?やはり、土台は必要な訳でして、全てを一人でやるよりも、先人達の知恵を上手に利用する方が効率的です。で、学び方は、学校へ行く(知っている人から教えてもらう)か、書籍を読む。(まぁ、ネットで調べるというのも、今はありますよね。)

    他の人から頂いた情報の組み合わせ、すでにそれは、あなただけのオリジナル。そこに、自分の人生を通して得てきた経験も組み込まれている訳ですから、それはもう、オリジナルナルですね。

    さらに言うと、情報の質はさておき、単純に情報の量が増えるだけでも、そのオリジナリティーはより、個性的なものになっているはずです。99.9%の他人の知識の上に、たった0.1%だけでも、ちょっとしたアイデアとか、知恵とか、工夫とかを注力することにより、新しい何かが生まれる可能性は大いにあり得ます。

    つまりは、世の中には膨大な量の先人達の知恵や情報があふれている訳でして、それらを利用しない手はないと思うのです。だって、その方が効率的でしょ?

    最近、あらためて経済学を学んでいる過程なのですが、科学と呼ぶにはあまりに幼いジャンルであるとは言え、やはり、それなりの土台を抑えておかないと、自分なりの理論も展開できないと、つくづく感じております。
    経済学・行動経済学・心理学など、扱う対象が人(または、人の集まり)である以上、決定的な答えや理論は導き出せないのかもしれませんが、そこを確率論でカバーできるようになれば、少なくとも、意思決定の精度向上には役立つはずです。

    って事で、読書しましょうね。

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:
    CATEGORY:
  • 一過性よりも積み重ねの方が努力と呼ぶにふさわしい

    本当の意味で、努力とか頑張りとかは、短期的なものにあらず、長期的なものである。

    もちろん、”ココ一番”に、注力する事は必要であろうが、それも、地道な積み重ねの上にあってこそ意味をなす。

    たとえば、2年間、毎日プラス1時間頑張った彼には、700時間分以上の積み重ねがある。その彼が、勝負の別れ際で、あとちょっと頑張る事によって、乗り越えられる壁があったとしたら、それは結構高い壁だと思う。

    一方、壁を目前に、2~3日昼夜寝食を忘れて努力する彼がいる。それまでは、1日2時間余計に頑張る彼を横目に、いわゆる「自分のライフスタイル」で時間を過ごしてきた。その彼には、72時間分の積み重ねしかない。残念ながら3日全力を出し切ったとしても、である。たぶん、700時間の積み重ねの上に、最後のアフターバーナーをもって壁を乗り越える彼にはかなわないだろう。

    ただし、この彼はまだマシである。

    なぜなら、この彼は、壁を目前に努力することを選んだから。そして、日ごろの積み重ねに気付き、壁を超えられなかった翌日から、1日の何%かを、まだ見ぬ壁に備えるために使うだろうから。

    最も残念なのが、壁を目前にするまで努力せず、壁を目前にして、ただ「無理」と思ってあきらめ、まだ見ぬ次の壁への備えを怠るタイプの彼。いつまでたっても壁を乗り越えることはできず、あろう事か、前記の彼らを批判さえする。

    世の中を、世界を創るのも、変えていくのも、基本的には積み重ねを怠らない彼ら。今の世界は、先人たちの努力の土台の上に成り立っている。

    ツライ道を選ぶのか、易き道を選ぶのかの選択ができるのも、彼らの築いた土台があるからこそなのだが、それにすら気付かない”残念な彼”は、狭い世界しか見えていないのかもしれない。

    という内容の本が、あったようななかったような。

    UPDATE:
  • カフェメニューブックがフリーペーパーとして。

    近々、EMPORIOカフェダイニング駒沢通り学芸大学店のメニューブックが新しくなります!

    以前は、御存じの通り「絵本」をそのままメニューブックとして利用していましたが、今回はメニューブックがフリーペーパーに。と言う事で、お持ち帰りいただけます。(もちろん無料で)

    以前のはこちら

    ぐるなびEMPORIO

    こんな感じのメニューブックでした。(ちなみに、この絵本は現在の立地を見つける前から存在しておりまして、いわゆる、コンセプトブックであり、企画書でもあるのです。)

    まぁ、消耗品ですので、そろそろ残り少なくなってきたのと、なんか新しい事したくて、ね。今回のリニューアルにいたった訳です。


    Image542.jpg

    で、今回のがこちら。外国の港町の倉庫というコンセプトのカフェEMPORIOですので、パスポートをイメージして作成しました。

    地域密着という事で、ビールのメニューページには学芸大学を拠点とする方々の写真があったり、近辺のカフェを紹介していたり、子供たちの遊び場「のざわテットー」さんやフルーツを仕入れさせていただいている、学芸大学西口商店街の「山手果実」さんなども掲載されています。

    カフェメニューそのものは、そんなに大きく変化した訳ではないのですが、一部、新しいメニューなども追加されております。そんな中、長年の念願である「新メニュー」も、ついに登場。これは、0円メニューなのですが、どなたが最初にオーダーされるのか、とっても気になる所です。

    海外のカフェやパブのように、カフェを通して知らない人同士がコミュニケーションを取って、仲良くなれるような、そんな場所を目指しています。

    新しくなったEMPORIOカフェダイニング駒沢通り学芸大学店の新メニューブック(フリー)、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    カフェ企画運営:not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:
  • 使えれば得られて、使わないと減ってゆくもの。

    使えば使う程に得られる。
    そんな都合の良い話があるのでしょうか?

    大切にすればするほど脆くなり、危険にさらせばさらす程に強くなる。

    これは、「なぞなぞ」ではありません。ちゃんとした解答があります。それは、人間のカラダであり心です。肉体と精神。これらは、使う程に、危険にさらす程に強くなります。別の言い方をすれば、鍛えるという事です。

    「トドメを刺されなかった時、人は強くなる。」

    たしかに、限界を超えてしまうと、それまでかもしれません。だからと言って、逃げてばかりでは成長できません。限界がどこにあるかは解りませんが、安全圏から抜け出す事によって成長します。

    カラダの場合は認識しやすいです。運動することにより、カラダはどんどん鍛えられていきます。筋肉を鍛えるには、筋肉を使うしかない。筋繊維を破壊して再生してを繰り返す内に、繊維が太くなっていきます。筋肉だけではなく、過酷な環境で生きて行けるようになるには、少しずつ過酷な環境に身をさらして行くのが一番の近道だと思います。

    では、心「精神面」はどうでしょうか?

    私が読んだ「メンタルタフネス」という本によりますと、心も筋肉も似たようなもんだと。一定以上のストレスにさらされていると、ストレスに強くなる。ストレスを与えて、時々休めてを繰り返している内に、大きなストレスにも対応できるメンタルが育つと。

    いきなり大きなストレスを抱えてしまうと、潰されてしまうかもしれませんが、そこに至るまでに、小さなストレスから逃げずに立ち向かい、たくさんのストレスを克服しているのであれば、その、大きなストレスにも負けない、強いメンタルが育っているのかもしれません。

    限界ギリギリまで挑戦しないと成長しない訳ではないです。それは、カラダで言うならオリンピック級の結果を求めている人のトレーニング方法であり、精神で言うなら、歴史に残るような偉人レベルの方々の苦労(ストレス)だと思われるので、全員がそれを求める必要はないと思います。

    ただ、ここで言いたいのは、カラダなり精神なりを鍛えるためには、それなりにリスクも時間も必要ですよ。って事です。保護された環境にいてはダメで、自分から進んでカラダにも心にもプレッシャーを与えないと成長できないと理解すべきです。

    あきらめなければ、必ず道は開ける。という訳でもないでしょうが、あきらめた人には、道は絶対に見えません。「無理」という言葉を発する前に、もう一歩だけ進んでみませんか?結局は、1歩の積み重ねでしかないのですから。

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:
  • 98%確かなものの不確かさについて。

    98%確かな確率。なかなか、悪くないと思います。

    通常のケース、たとえば何かに賭ける場合においては、それなりに十分に高い可能性だと言えるでしょう。

    が、ケースによっては、役に立たない、信頼のおけない場合なども存在します。

    仮に、善良な市民100万人の都市に、プラスして反乱因子が100人いたとしましょう。それを、98%の確かさで”反乱因子”を見極める事ができる機械にかけ、100人の反乱因子を探しだそうとしたとします。

    98%確かな確率と言う事は、反乱因子100人をその機械にかけると、可能性として、98人は反乱因子として判別され、残りの2人は、その2%の”判別できない確率”のため、検査をスルーしてしまいます。まぁ、それが確率です。と、ここまでは、この機械は立派な成績だと言えると思います。が、しかし、100万人(プラス100人)の中から、反乱因子100人を見つけ出すと言う事は、100万人プラス100人全員をその機械にかける必要があるのです。

    善良な市民100万人をその機械にかけると、その中の2万人は、善良であるにも関わらず、機械の2%の誤作動により、反乱因子として判別されます。

    つまり、100万100人を、98%確かな”反乱因子判別機”にかけたところ、反乱因子として2万98人ピックアップされる訳です。当然、その2万98人の中で、本当の反乱因子は98人だけです。つまり、本当に危険なのは、2万98人の中の、0.5%でしかありません。さて、どーやって見分けましょうか・・・?

    もう一回、その機械にかけたとしたら、確度は上がりますが、それだけ手間もかかります。(と言っても、100万人全員を検査するくらいなら、可能かもしれませんけども)

    98%確かな検査も、母数がかなり大きくなると、それだけではあまり役に立たないような場合もあるので、確率の高さがそのまま信憑性につながるものではない、と言う事がおわかりいただけたかと思います。

    と、この手の事は、確率の本を読んでいたり、時折経済学の本などにも出ている、ありふれた内容ですが。

    いずれにせよ、確率はつねに味方につけたいものです。

    東京の店舗デザイン・プロデュースなら!

    UPDATE:
  • がんばれ、がんばれ。で、ノーベル賞かぁー!

    日本経済新聞に、ノーベル賞を受けた、下村脩先生の私の履歴書が掲載されていたそうです。

    7/31の朝刊が最終回。
    以下は引用です。日本経済新聞2010年7月31日土曜朝刊「私の履歴書 下村脩」

    「・・・会場の若い参加者から私への質問が出た。おそらく研究者かその卵であろう。「研究で成果が出ず、行き詰ったときはどうすればいいか」という問いだった。

    「ちょっと考えた後、こう言った。『がんばれ、がんばれ。』」

    ・・・・・・。(;一一)

    なにをー!

    やっぱり、頑張るしかないっぽいです。昨日、こちらのブログで成功の秘訣を、「能力・体力・根性」としましたが、一応これで、ノーベル賞も射程圏内という事が実証されました。以下、引用の続きです。

    「つべこべ言わずに努力をしなさいという、突き放したような言い方に、ひょっとしたら聞こえたかもしれない。もう少し丁寧な答え方をしようとも思ったのだが、私が言いたかったのは、結局はこの「がんばれ」という単純な言葉に尽きるのである。」

    「・・・実際のところは、私は不器用で、実験は上手ではない。よく失敗する。ただ、簡単にはあきらめない。うまくいかなかったら考え直して、別なやり方を試みてみる。だめだったらもう一度、それを何度も繰り返す。それだけだ。」

    ふむふむ・・・。

    まっ、頑張るのはそんなに難しくないとして、頑張る方向を変更するのは勇気や知性が求められるなぁ。と、考えたりもします。ずっと頑張って来た事(サンクコスト:すでに支払ったコスト)に固執して、新しい機会を逃すのはもったいないですし。ただ、それを言い訳にして、頑張るのをやめるとか、あきらめるとかは、もっと良くないかな、と。

    いつの時も難しいのは、結果を出す責任がある場合かなぁ。

    方向を見定めたいですね。
    で、進む方向を決めたら、とにかくがんばりましょう。

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:
  • BOXスタジオCAKEの塗装をルーキーが!

    EMPORIOカフェダイニング駒沢通り学芸大学店の上の階にある、撮影用スタジオ&多目的ルームCAKE(ケイク)。ただいま、床を塗装しております。

     
    白い床を土足で利用できる!という、他のスタジオさんではやらなそうな事をやっているnfsです。その分、メンテナンスの手間は、もちろん増えます。そんなことは、最初っから解っとります。
    それが、お客さんに喜んでもらえるのであれば、やらない道はないかな?と。

    と言う事で、本日夜、ルーキーAOKIさんが初の業務に挑戦!
    Image527.jpg
     

    見て下さい!
    Image525.jpg

    動きが早すぎて、ローラーが消えてしまってます。
    それはそうと、こうやって見ると、塗る前の床が黒にすら見えますね。。。ちょっと前に塗ったばっかりなのに、この違い。。。
    まぁ、このようにして、いつもご利用いただく皆様に、気持ち良く使っていただくために、撮影用スタジオ&多目的ルームCAKE(ケイク)、メンテナンスしていますよー。というブログでした。

    ちなみに、最近、撮影用スタジオ&多目的ルームCAKEのWebが新しくなりました。知ってます?

    UPDATE:
  • 成功するのに必要な条件って何だ?

    成功するのに必要な要素というのを考えてみました。

    で、結論は、

    ・能力  ・体力  ・根性

    というのに落ち着きました。

    運とか、人脈(信用)とか、情報とか、他にもいろいろあるとは思いますが、そういう外的なものに期待するのはあんまり良くないかな?と。外的なものを引き寄せるのも自分次第であり、「能力」「体力」「根性」の3つがあれば、そのうちなんとかなるんじゃないかな?と。

    と言う事で、外的なものを二次的なもの。内的なものを一次的なものとして考えてみました。

    「仕事で成功したいなら、人よりたくさん働きなさい。」は、まぁ、当たり前の事ですが、仕事だけではなく、他の事についても、結果的には投下時間がものを言う可能性がとても高いと思われます。

    たとえば、成功の定義を「自分の理想とする人生」という、誰にでも当てはまるようなケースとして考えた場合、その、自分の理想とする人生へ続く道を歩むのを、明日から始めるのではなく、今日から始める。1日8時間投下するのではなく、16時間投下する。誰だって、成功の可能性は向上させられるはず。

    同じように時間を投下しても、結果が出る人と出ない人に分かれる事もあると思います。

    だとしたら、結果の出なかった人の選択肢としては、もっとたくさん時間を使えるようにするのか、同じ時間で効率良く対応できるように、もっと能力を高めるのか?というのが妥当な所かと。

    そこで、運や環境のせいにしてしまう人は、たぶん、その考え方こそが問題であり、結果につながらなかった要因だと理解するべきで、最も影響出来るポイントである、「自分の時間の使い方」に焦点を絞って欲しいと思います。

    まぁ、甘くはないから、最後は根性の問題になると思いますが、そこは踏ん張ろう。

    と言っても、ただの根性論ではないですよ。「能力」「体力」「根性」で、もっとも磨くべきは「能力」です。本当の意味で「高い能力」を有しているのであれば、並の成功程度なら「体力」「根性」を必要とすらしないでしょうし。

    と言う事で、
    能力・体力・根性を、毎日地道に育みたいと思います。

    店舗プロデューサーとして、ブログ書くべきかなぁ?と思いながらも。。。

    UPDATE:

CONTACT US
お問い合わせ

  • お問い合わせはこちらのフォームよりお願い申し上げます。
    なお、ご返信まで1-2営業日程度お時間いただきますので、あらかじめご了承下さいませ。
    また、お急ぎの場合は、下記までお電話にてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
  • Tel : 03-5723-6301
  • お名前*

  • メールアドレス*

  • メールアドレス(確認用)*

  • 電話番号(任意)

  • お問い合わせ内容*

  • 当社からのご連絡方法*

  • 当社の個人情報保護方針を承諾する*

  • 初回ご相談は無料!

    まずはお会いしてじっくりとお話し合いをさせていただきます。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

    *お打合せ場所により別途交通費が発生する場合がございます。
  • 飲食店舗プロデュース・業態開発・グラフィックデザイン・Webデザイン・ブランディング・広告代理・不動産取得・催事出店・他。

    飲食店舗の開業に関わるほとんど全てのことを自社でお手伝いできることがnot for sales Inc.の強みです。 上記以外のことでもお手伝い・関連会社のご紹介などできる場合もあります。 また、これまでの経験を生かした飲食店以外の制作実績も多数ございます。詳しくは「WORKS」をご覧ください。