このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。
  • EMPORIOカフェがXP支払いを導入した理由とは?

    EMPORIOカフェ 代表より     経験を価値にする  Discover Experience Points (XP)

     

    経験を共有する経済を容易にするために、XPは作り出されました。現実世界でXP報酬受け取り、XPにていろいろなサービスや商品、経験を購入できるような経済圏を作ることにより、今日における難解で複雑な現実世界特有の問題のいくつかに対する具体的な解決策を提供します。

    ホワイトペーパーにある「XP」の目的を要約すると、だいたいこんな感じになるかと思います。

     

    ご存知の通り、いわゆるロールプレイングゲームの世界では、プレイヤーは何らかの経験をし、経験値やお金を稼ぎ、それを利用して食料や新たな武器を購入したり宿屋に泊まったりして、その世界での生活をより豊かなものにしていきます。XPもきっといわゆる「勤労や投資などの経済活動」によってのみ報酬を得るのではなく、もっと身近な「経験」からも報酬が得られるような、楽しい世界を目指しているものと考えています。

     

    デジタルゲーム(以降RPG)の世界においては、全てがデジタルデータであるため資源はほぼ無限に存在します。経験値が欲しければ、無限に出てくるモンスターを倒し続ければ少しずつでも確実に経験値を獲得して行く事が可能です。上手い下手はあるかもしれませんが、頑張れば誰でも強く、お金持ちになれ、ゲームを始めた頃にはまったく歯が立たなかった強敵にも楽々勝てるようになります。敵を倒せばすぐに与えられる報酬。目に見えて確実に成長していくプレイヤー。とても楽しいですよね。そして、その世界には様々な住人が居て、経済活動を行っています。世界を救うために戦っている主人公からお金を取って武器を売る商人や宿屋の店主などがそれです。このように、デジタルゲームの世界ではデータの中においてですが、ひとつの経済圏がしっかりと成立しています。

     

    では、現実世界とRPGの決定的な違いはなんでしょうか?ゲームの世界では成立する仕組みが、現実世界においては不可能だと考えられる主な要因はいったいなんなのでしょうか?それはもちろん、資源がデジタルデータではなく現実的な物質であったり、プログラムではなく本当の人間の存在している。と言うところだと思います。RPGではプレイヤーが頑張ればプログラムが報酬を与えてくれますが、現実世界ではそのような報酬を与えてくれる存在などおらず、経験値を具体的な価値あるものとして獲得できるはずもない。資本主義の世の中において、ゲームのプログラムのような、利益だけを与えてくれるものなど存在しない。そこが、現実世界とRPGの大きな違いだと思います。そして、誰もが現実世界がゲームのような楽しい世界になる。という希望を持つことすら忘れています。

     

    ゲームと現実は違う。現実世界では資源は有限であり、何かを経験したからと言って報酬が貰えるような仕組みなど存在せず、報酬を獲得するためには基本的には働いたり投資したりするしか方法はない。やりたいことを仕事にできている人はラッキーで、多くの人々は生活のために労働し、そうして得た報酬によってやりたいことをやったり美味しい物を食べたりする。そういうふうに考えるのが普通でしょう。私もまったくその通りだと思います。現実世界において、たしかに資源は有限です。RPGのようにプログラムさえあれば何でも生み出せる世界とは違います。でも少し待ってください。本当に、RPGのプログラムのように、無償でプレイヤーにメリットを与えてくれるような存在はいないのでしょうか。無限とは言わないまでも豊富な資源を提供してくれる存在はいないのでしょうか。私はそういう存在が身近にあることにやっと気がつきました。皆様ももうお気づきだと思います。その資源、報酬を与えてくれる存在とは、「地球であり、宇宙」です。地球上の生きとし生けるものに対し一方的に報酬を与え続けている存在、それが地球です。人間は地球から与えられる資源がないと生きていけません。太陽から与えられる資源(エネルギー)がないと生きていけません。本来、誰のものでもないはずの地球の資源を、人が考えたルールによって誰かの所有物として扱っているだけです。それが、今の現実世界であり、資本主義の現状であると思いますが、この点については信条や主義主張などの話しになってややこしくなりそうなので、これ以上ここではお話しを控えます。皆さんに知っておいて欲しいと思う重要な点は、資源を無償で提供してくれる何かは、この現実世界にしっかりと存在している。という事です。また、AIの進化も報酬を与えてくれる存在になりうると考えられます。しかしAIがどれほど進化しようとも、現在のシステムのままだとその利益を享受するのは一部の資本家だけかもしれません。そのような現状の中、通貨発行権の一部でも人々の手に取り戻すことにより、富が大資本や既得権益構造などに偏るのを少しでも抑えるようにすることが、ブロックチェーン誕生の理由なのかもしれません。

    少し話しが逸れましたが、つまり、RPGのように、経験を価値にして得た対価(XP)によって様々なサービスを受けたり商品を購入してその経験値を別の人に渡し、受け取った商売人がそれを給与としてスタッフに支払う。スタッフもまた、勤労によって得た報酬だけでなく、様々な経験を通してXPを獲得してそれを使う。という循環(経済活動)を可能にするための源泉となる資源はこの地球に存在している。この事実は、冒頭に述べた、「今日における難解で複雑な現実世界特有の問題のいくつかに対する具体的な解決策を提供する。」という、XPの目指す方向性と完全に一致すると考えます。なので、遠いですがその理想的な目標に共感できたので、EMPORIOカフェはXPを支援することにしました。

     

    今現在、最も有名なビットコイン(BTC)をはじめ様々な暗号通貨が存在します。それぞれ目的が異なったり、性能が違ったりいろいろ特徴はあります。そのような中でXPはまだまだ知名度も低いこれからの存在です。吹けば飛ぶかもしれません。ブロックチェーンの仕組みを使わないようなコインも存在してきて今はまさに混沌とした手探りの状態です。全てがデジタルデータなので、できる事できない事はコインによって違いはあれど、基本的な扱い方は大差ないように思います。(これはとても技術的な事なので専門家にお任せします)ですが、まず何より大切にしたいと思っているのがその暗号通貨誕生の目的であり、理念であると私たちは考えています。もちろん、その他の要因も無視はできませんが、理想を共有できない友人と協力関係を築くことは簡単な事ではありません。

     

    いつでも理想と現実には距離があります。人々の理想に近づこうという努力に対する既存システムからの大きな抵抗もあります。ですが、理想に近づくためにできる事は、まず1歩目を踏み出すことです。私たちは、より明るい未来にするための1歩を踏み出すことにしました。新たな取り組みですのでご不便おかけすることも多々あるかとは思いますが、応援して頂けるとたいへんありがたいです。稚拙な長い文章をお読みいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

     

    EMPORIOカフェ

    not for sales Incorporated 株式会社 代表取締役 西脇 建治    2018年 1月

    UPDATE:2018/03/09
  • 本年もたいへんお世話になりました。

    2017年は、皆様にとってどのような年だったでしょうか?

    良かった方、いまいちだった方、とくに変わらなかった方など、いろいろおられるでしょうが、2018年が皆様にとって、良き1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

    さて、弊社として、2018年はどのようにしていくか?少し前からいろいろ考えておりました。2006年から事業をスタートしてはや11年が経過し、そろそろいろいろ時代に合わせて大きな変化をする頃合かと。

    という事で、EMPORIOカフェ(学芸大学)を来年の初旬に少しイメチェンしようかと思っております。詳細はもう少し詰めてから発表したいと思いますが、現在の雰囲気は損なうことなく、しかし、最先端の設備を取り入れ、お客様がEMPORIOカフェ(学芸大学)にて過ごす時間がより一層、良いひと時になるようにして行きたいと思います。

    スタジオCAKEやカフェのHPも、近日中にリニューアルしようかと思っています。

    では、本年も大変お世話になりました。

    来年も、よろしくお願い申し上げます。

    良いお年を!

    not for sales Incorporated 株式会社

    西脇 建治

    UPDATE:2017/12/28
  • この世が仮想現実である可能性について

    オカルトな話でしょうか?

    いえ、可能性としてはありえる話のようです。

    映画、マトリックスのように、人間(の本体)が培養されているかどうかはさておき、現代物理学の限界(理解できない点)と、PCの性能向上による処理能力の増加(の予測)に基づいたお話です。

    まぁ、この世がナチュラルだろうがVRだろうが、今を生きる我々にとってはどちらであっても関係なく、今日できることを今日頑張る。以外に、特にどうという事はないのですが。

    しかし、量子の性質。粒子であり波である。観測しているときは粒子として、観測していないときには波としての性質を現す。や、量子もつれ、対の関係にある量子の一方の回転方向を観測によって確認すると、もう一方の回転方向(逆)も自動的に決まる。その時間差は距離に関係なく「同時」であり、理論上の最高速である「光速」を越えた手段によって情報が伝達される。

    この2点において、現代物理学が納得の行く答えを出せないがゆえ、この世が仮想現実であるという説も否定はできない。という感じですね。

    本当のところは、どうなんでしょう?

    さっきも書いたように、本当のところを知ったところで我々にはどうすることもできないのですが、純粋に興味はあります。

    まっ、仮想現実だと証明されてしまったら、さらに高次の疑問である、創ったのはだれ?という問いに興味がうつって行くだけなのですが。

    という事で、カフェEMPORIOで美味しいラテでも頂いてこようとおもいます。

    ちなみに、本日カフェEMPORIOにWiFiを導入しました。メンバー様だけにPWをお知らせしています。ご利用の際にはスタッフまで。

    UPDATE:2017/11/15
  • ご無沙汰しております

    かなり長い間、更新をサボっておりました。

    もちろん、お仕事は日々させていただいていたので、今日も無事にこうして更新できるわけですが。

    最近は、NDA(守秘義務)契約を締結した上でのお仕事なども多く、結果としてこちらのブログに仕事関連の情報を掲載する訳にもいかず。。。

    と、言い訳をしてみたりする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    最近、一冊の本を読みました。

    ビジネス書とか、そういう関連ではなく、文学です!とは言っても、敷居の低い「児童文学」の中でも非常に有名な、エンデの「はてしない物語」を読んでみたのでした。

    なかなか面白かったですよ。そして、児童文学と言う割りには、結構奥が深く、オトナでもいろいろ考えることのできる作品でした。

    子供の頃、TVにて映画「ネバーエンディングストーリー」を見た記憶はなんとなくあるのですが、Webなどの情報によると、映画と本は別物で、実際、作者が映画を提訴する。みたいな事件もあったようです。まぁ、映画の記憶といえば、ピンク色の変なドラゴン(?)が出てたくらいしか残っていなかったので、純粋に読書を楽しめました。

    という事で、今後はもう少し頻繁にこちらのブログを更新して行こうと、心に誓ったのでした。 では、また。

    UPDATE:2017/11/10
  • 本年も大変お世話になりました。

    今年も、たくさんの方々のおかげで、なんとか無事に年を越せそうです。残すところあとわずかですが、みなさま、良い年をお過ごし、お迎えください。

    UPDATE:2015/12/30
  • ホームページが新しくなりましたね。

    こちらのページをご覧の皆様。

    いつもお世話になっております。

    忙しいからと、つい、先延ばしになっておりました、弊社Webサイトがついにリニューアルされました。同じく、なかなか掲載できていなかった実績集なども随時アップして行く予定です。

    今後とも、not for sales Incorporated 株式会社をよろしくお願い申し上げます。

    代表取締役 西脇 建治

    UPDATE:2014/05/27
  • 本年もまことにありがとうございました。

    2012年も足早に過ぎて行った感じです。

    たくさんの方々のご支援により、弊社も無事7期目を終える事ができました。本当にありがとうございます。唐揚兄弟プロジェクトもスタートさせる事ができ、また、他の新規事業のアイデアなども出てきた上に、それを温めみたり。

    2013年はどんな年になるでしょうか?皆さまにとって良い1年になりますように。

    自分ではどうしようもない事も、世の中にはたくさんあると思います。と同時に、自分のガンバリでなんとかなったり、可能性を向上させられたりする事もたくさん。

    上記二つの分別をつける知恵と勇気、そして、頑張ったらなんとかなるような事だと思った時には、目標にむかって頑張れる体力と精神力を。

    不安定で不確実な世の中だからこそ、今日できる事を今日やっておきたいと思う今日この頃です。

    2013年も、not for sales Incorporated株式会社をよろしくお願い申し上げます。

     

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:2012/12/30
  • ご無沙汰しております。

    しばらくブログ書いてないなー。と思い、久しぶりに見てみると、以前に書いたのは6月の初めの頃。

    かなり、サボっている感じですね。すみません。特に何かがあった訳ではありません。しいて言えば、ブラウザを変更したので、IDやPWを新規に入力する手間とういか、ブログを書く流れにならなかったと言うか。まぁ、そんな感じです。

    唐揚兄弟東京長原店、7月の終わりころにオープンいたしまして、今も順調にお客様を増やしています。ありがとうございます。オープン当初は、慣れない部分もあり、ご迷惑をおかけしたお客様もいらっしゃいました。その節は大変失礼いたしました。

    さて、今日は何を書きますかね?

    ふと思ったのですが、皆さんはどんな単位、どんなリズムで区切って生活していらっしゃいますか?もちろん、自然に、そして社会的に、1日、1週間、1ヶ月、1年など区切りがあり、そういうのを使うを便利ですよね。

    と、当たり前の事を書いていますが、伝えたいのは、そこになんらかの目標みたいなものを落とし込んだ方が、時間を無駄にしなくて済みますよー。って話です。たとえば、勉強し続ける、知識を増やし続ける、というような、目標というよりは、行き方、あり方があったとして、それだけだと、なかなか実行に落とし込めない場合もあります。そんな時、知識を増やすには読書をすれば良い!という、良いアイデアを思いついたとして、それはきっと正しくて、最も効果的だと思うのですが、それだけでも知識は増えません。当然の事として、その本を読むという作業が必要であり、それには時間と労力を消費するというトレードオフが存在します。

    まぁ、早い話が、
    1日に一冊読むのか、1週間なのか、1ヶ月なのか、1年なのか?で、得られる知識の量にはかなりの差ができますよー。なので、本当に知識を増やしたいのであれば、ちゃんと区切って、どのくらいの量をどのくらいの時間で読むべきなのか?を、自分自身で明確にする必要があるかな、と。

    生きていれば、毎日いろいろな事があります。
    1日1冊確実に本を読むとか、それは私自身、あまり現実的だとは思えません。(速読できる方なら、可能かもしれませんが、とりあえず読むだけの本もあれば、それを元に考える類の本もある訳で・・・。)それが1週間ならどうでしょう?でも、仕事の忙しさにムラがあるような業種の方であれば、それも難しい場合があるのかな、と。まぁ、そんな事言っていると、それが2週間になり、1ヶ月になり、1年になる訳で。

    いろいろ不確定、想定外の事があるという事も視野に入れた上での区切りというか、目標設定というか、管理というか、なにかしら、そういう事をしないと、気が付くと、本を1冊も読まないで1ヶ月、1年が過ぎていたなんて事になりかねないので、自分自身、気をつけたいなー。と思う、読書の秋の雨の夜でした。

    んでは、また。

     

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:2012/10/18
    CATEGORY:
  • 東京でもアサイーボウルが流行ってきてますね。

    夏を前にして、SEO対策用ブログです。
    アサイーボウルを東京のカフェで!

    アサイーボウル 東京」で、検索エンジンにひっかかるように!と、2010年の10月に書いたアメブロの記事が、予定通り効果を発揮しています。おかけが様で、そのキーワードの検索からだけで毎日30~50くらいのアクセスをいただけております。ありがとうございます。さて、

    私自身、アサイーに携わってから早10年以上が経過しており、月日の流れの早さを実感しております。2年ほど前から、アサイーボウルって、ハワイで流行ってるらしいよ!という情報を聞きつけ、開店当初から利用しているアサイーの丼化計画をさっそくはじめ、ハワイでの名称そのまま「アサイーボウル」と名付けて、店舗にて、たくさんのお客様にご愛顧いただいております。

    ハワイでも、日本でも、それぞれのお店の個性があり、レシピもそれぞれ違うと思うのですが、EMPORIOカフェダイニング駒沢通り学芸大学店のアサイーボウルは、とっても評判がよろしいと思われます。もちろん、オリジナルレシピですが、弊社がプロデュースや開業支援をさせていただいているお店様には、必要とあらばレシピを提供しております。
    最近ですと、末広町のカフェ&BAR Viva la Vida様でもEMPORIOと同じアサイーボウルが食べられるようになりました。しかも、ランチの競争の激しいエリアですので、かなりお得な価格設定になっております。

    Image1309078359652

    これは、わたし専用です。

    acaibowl

    こちらがEMPORIOカフェのアサイーボウル。おいしそー!

    って事で、暑い日が多くなって夏も近付いてきた感じがしますね。ぜひ!

     

    not for sales Incorporated株式会社

     

    UPDATE:2012/05/19
  • 飲食店開業までの道のり【開業フロー12:運営(その後)】

    飲食店開業までの道のり【開業フロー12:運営(その後)】です。

    飲食店をオープンさせることは、お金があれば可能です。立地や業態によっては借入を上手く使えば、自己資金100万円でも開業出来ちゃう業種です。なので、いろいろ大変な事はたくさんありますが、難しいものではありません。

    本当に難しいのは、そのお店に投資した資金を回収した上で、さらに余剰となる利益が出せるか?って所です。簡単に言うと、お客さんがたくさん来るかどうか?が、難しい・・・。

    立地や業態を確定した時点で、必要な売上が上がるかどうかは半分くらいは決まっているのですが、裏を返せば、残りの半分は日々の営業努力でなんとかなる!って事でもあります。

    では、具体的にはどのような事に気を配れば良いのでしょうか?運営と一言で言っても、中身の要素は多岐にわたりますが、大きく分けて、お客様に見える部分と見えない部分として考えてみましょう。

    まず大切なのは、もちろんお客様に見える部分。これは目で見えるという意味だけではなく、五感で感じる全ての部分です。それらの全てがトータルして、最終的に支払った金額以上の”満足”を得られたかどうか?が、重要な問題になりますので、お店側としてはその”満足”を、金額以上にする事に労力を使う訳ですね。
    味や提供時間、接客態度、店内の雰囲気(清掃含む)、それらすべてが、最終的にお客様の満足度の向上に貢献しているのか?はたまた、満足度を下げる結果となっているのか?を、しっかりと、お客様目線で管理しつつ、コストバランスを考えながら向上させて行く事が、飲食店の運営そのものだと思います。

    それらをしっかりやった上で、または、やるための土台として、お客様から見えない部分(裏方)も非常に重要になってきます。在庫管理や勤怠管理、資金もしっかり管理して、衛生管理も重要です。無駄を省いて、必要のない人件費などを削減するためのオペレーションやポーション(1人前の材料にあらかじめ切り分けておく事など)に対する管理も大切ですね。

    前者は、いわゆる売上管理。後者はそれ以外の管理全般って感じでしょうか。ですが、厳密な意味において、売上を管理する事などできません。本日のこれから上がるであろう売上を正確に予測できる店舗管理者など存在しませんし、今日が無理なのに今月の売上を管理するとか、土台無理な話です。売上は目標があるだけで、管理するというのはちょっと違う性質のものです。では、今日の売上はただの結果でしかないのか?というと、そんな事はありません。今日の売上目標があるから、何時までにどれくらい販売しておく必要があるとか、何人のシフトで回すべきか?とか、仕入れの材料をどれだけ確保しておくか?とか、そういうものは、本日の売上目標があるから見えてくる要素ですし、現在時点で売上が目標に達成していない場合は、労働力をそこに注力したりすることは可能です。(簡単に言うと、今すぐしなくてよい作業を後回しにして呼び込みに行くとか)なので、売上に関しては、管理しようもないのが実情ですが、他の様々な要素を上手に管理していくために、売上目標を設定してくださいね。って事です。

    つまり、運営とは、売上目標を立てて、他の部分を管理して行くことに他ならないのです。もちろん、日々の業務以外にも、長期的な視点に立った管理(たとえば事故や食中毒のリスク管理、起こらないように管理しつつ、保険に入っておくなど)も必要になって来ますし、時代に合わせて変化していく必要がある場合などもありますので、常に、目の前の事と長期的な事の両方に目を向け、資源を上手に配分して行く必要があります。

    管理できない売上を管理しようとする努力の日々の積み重ねが大切ですよって事です。

    not for sales Incorporated株式会社

    UPDATE:2012/04/18
1 2 3 4 5 OLDER >

CONTACT US
お問い合わせ

  • お問い合わせはこちらのフォームよりお願い申し上げます。
    なお、ご返信まで1-2営業日程度お時間いただきますので、あらかじめご了承下さいませ。
    また、お急ぎの場合は、下記までお電話にてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
  • Tel : 03-5723-6301
  • お名前*

  • メールアドレス*

  • メールアドレス(確認用)*

  • 電話番号(任意)

  • お問い合わせ内容*

  • 当社からのご連絡方法*

  • 当社の個人情報保護方針を承諾する*

  • 初回ご相談は無料!

    まずはお会いしてじっくりとお話し合いをさせていただきます。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

    *お打合せ場所により別途交通費が発生する場合がございます。
  • 飲食店舗プロデュース・業態開発・グラフィックデザイン・Webデザイン・ブランディング・広告代理・不動産取得・催事出店・他。

    飲食店舗の開業に関わるほとんど全てのことを自社でお手伝いできることがnot for sales Inc.の強みです。 上記以外のことでもお手伝い・関連会社のご紹介などできる場合もあります。 また、これまでの経験を生かした飲食店以外の制作実績も多数ございます。詳しくは「WORKS」をご覧ください。